テクノケミカル株式会社

TECHNO CHEMICAL corp.
生化学・免疫学等の研究用試薬及び関連機器輸入販売

Polysciences ポリサイエンス社

着色カルボキシル基修飾ポリビーズマイクロスフェア

Polybead® Carboxylate Dyed Microspheres
粒子は、粒子表面がカルボキシル基で修飾され可視色に着色された粒径200nmx6μmのポリスチレン単分散粒子で、脱イオン水に粒子濃度2.5(w/v)% で懸濁されています。着色粒子は、イムノクロマト法、ラテラルフロー検査、ラテックス凝集法、免疫比濁法等の用途で使用されており、色は青・赤・オレンジ・ 黄・緑から選択できます。タンパク質やアミン化合物は、粒子表面のカルボキシル基とカルボジイミド試薬EDAC(商品コード:BLI5288-1 、BLI5288-5)に より共有結合を形成し粒子表面へカップリング可能で、長期に渡り安定して物理吸着よりも強固に結合可能です。

    特徴
  • 一般に、物理吸着によるビーズの安定性は4〜6カ月程度です。より長期に渡り安定して粒子表面へタンパク質を固定したいのであれば、 ビーズを用いたアッセイの際に界面活性剤の添加が必要な場合には、界面活性剤によりタンパク質のビーズ表面への物理吸着が阻害されるので、 カルボキシル基とタンパク質の共有結合によるカップリングをお薦め致します。カルボキシル基で修飾されたビーズのご使用をお薦め致します。
  • 着色剤は、粒子中のマトリックス内に捕獲されているので、着色剤が水系分散媒に溶出することはありません。また、着色剤により 粒子表面に影響を与えることもありません。もしも、ご必要であれば、ご使用前に遠心法による粒子の予備洗浄を行えば、万が一粒子表面に残った 着色剤の残渣を除くこともできます。
  • 粒子中の着色剤濃度は最適化されており、粒子同士の凝集や高濃度の捕獲により鮮明な色調を呈することができます。 一般に、着色粒子が約50xm以上に凝集すれば、肉眼で色調変化を確認できますが、顕微鏡や分析機器を使用する事で検出感度を向上できます。

  • Polybead® Carboxylate Blue Dyed Microspheres
    青着色 カルボキシル基修飾ポリビーズ マイクロスフェア
    製品コード 粒子径 容量
     11975-15  0.30μm  15 ml
     19816-15  0.50μm  15 ml
     19120-15  1.00μm  15 ml
     19123-5  3.00μm  5 ml
     19126-5  6.00μm  5 ml
    Polybead® Carboxylate Red Dyed Microspheres
    赤着色 カルボキシル基修飾ポリビーズ マイクロスフェア
    製品コード 粒子径 容量
     24063-15  0.30μm  15 ml
     19815-15  0.50μm  15 ml
     19119-15  1.00μm  15 ml
     19122-5  3.00μm  5 ml
     19125-5  6.00μm  5 ml
    Polybead® Carboxylate Orange Dyed Microspheres
    オレンジ着色 カルボキシル基修飾ポリビーズ マイクロスフェア
    製品コード 粒子径 容量
     13369-15  0.20μm  15 ml
     13368-15  1.00μm  15 ml
    Polybead® Carboxylate Yellow Dyed Microspheres
    黄着色 カルボキシル基修飾 ポリビーズ マイクロスフェア
    製品コード 粒子径 容量
     19817-15  0.50μm  15 ml
     19121-15  1.00μm  15 ml
     19124-5  3.00μm  5 ml
     19127-5  6.00μm  5 ml
    Polybead®
    Carboxylate Green Dyed Microspheres
    緑着色 カルボキシル基修飾ポリビーズマイクロスフェア
    製品コード 粒子径 容量
     13371-15  0.20μm  15 ml
     13370-15  1.00μm  15 ml