テクノケミカル株式会社

TECHNO CHEMICAL corp.
生化学・免疫学等の研究用試薬及び関連機器輸入販売

Polysciences ポリサイエンス社

トランスフェクション試薬

高性能低価格 ポリマー試薬 トランスフェクション グレード ポリエチレンイミンと すぐ使用できる希釈済み Transporter 5™Transfection Reagent のご紹介いたします。

PEI MAX - Transfection Grade Linear Polyethylenimine Hydrochloride

PEI MAX 40K
製品コード 24765-1
製品名 PEI MAX - Transfection Grade Linear Polyethylenimine Hydrochloride (MW 40,000)
容量 1 g
分子量 40,000 (~22,000 free base)
溶解性 冷水及び室温の水に溶解
不溶性 エタノール、アセトン、THF等の一般的な有機溶剤に不溶
製品外観 白〜オフホワイトの流動性のある粉末
保管温度 室温
PEI 25K
製品コード 23966-1
製品名 Polyethylenimine, Linear, MW 25000, Transfection Grade (PEI 25K)
容量 1 g
分子量 25,000 (~22,000 free base)
溶解性 温水、低PHの冷水、メタノール、エタノールに可溶
不溶性 エタノール、アセトン、THF等の一般的な有機溶剤に不溶
製品外観 白〜淡黄色粉末
保管温度 室温

PEI MAX 40K(遊離塩基としてPEI 22K)は、強力で、信頼性が高く、費用対効果の高い安価なトランスフェクション試薬です。HEK293細胞およびCHO細胞発現系では、PEIは、96ウェルプレート〜100Lのバイオリアクターまで広範囲に渡って常に高い遺伝子発現を提供します。 毎年、研究者や企業の間で、多数の採用実績があります。他の殆どのオプションと比較して、Polysciences社の PEIを使用して自社でトランスフェクション試薬を調製すると、トランスフェクションの総コストが40%も削減できたという報告があります。 PEI MAXは、より使い易く、PEI 25Kよりも一貫して高い力価を得ることが出来ます。PEI 25Kトランスフェクション溶液の調整には、通常数時間かかりますが、PEI MAX 40Kなら、2時間以内にすぐ使用できる溶液が調整可能です。一方、分子量がやや低いPEI 25Kは、4〜11%のプロピオニル基を残渣として含み、これによりポリマーの骨格とDNAとの強い結合が阻害されます。 Cat#24765-1, PEI MAX 40Kは、完全に脱プロピオニルされた構造を持ち、どのロットも、より高い性能を発揮します。

‐お値段は、どこよりもお安く致します‐   お問合せはこちら


PEI 25K (Cat#23966) と PEI MAX 40K (Cat#24765)の比較
PEI25KとPEIMAX40Kの違い IgG64 プラスミドペアの入った50mLフラスコに10E6/mL HEK293細胞を入れる。PEI:DNAの比率を4:1にする。 120 hptのサンプルを採取。サーモフィッシャー#23310にて定量化。 N = 4、エラーバー = 標準偏差。

Cat#24765 のNMRデータ例
PEI25KとPEIMAX40Kの違い

姉妹品
PEI MAX 40Kを無菌ろ過した溶液が、Polysciences社からTransporter 5™ Transfection Reagentとして販売されています。

論文
Cat#24765-1 参考文献
  1. Baranyi, L. et al. Rapid Generation of Stable Cell Lines Expressing High Levels of Erythropoietin, Factor VIII, and an Antihuman CD20 Antibody Using Lentiviral Vectors. Human Gene Therapy Methods 24, 214?227 (2013). doi:10.1089/hgtb.2013.002.
  2. Delafosse, L., Xu, P. & Durocher, Y. Comparative study of polyethylenimines for transient gene expression in mammalian HEK293 and CHO cells. Journal of Biotechnology 227, 103?111 (2016). doi:10.1016/j.jbiotec.2016.04.028.
  3. Gutiérrez-Granados, S., Cervera, L., Segura, M. de las M., Wölfel, J. & Gòdia, F. Optimized production of HIV-1 virus-like particles by transient transfection in CAP-T cells. Applied Microbiology and Biotechnology 100, 3935?3947 (2016). doi:10.1007/s00253-015-7213-x.
  4. Kobayashi, S., Yoshii, K., Hirano, M., Muto, M. & Kariwa, H. A novel reverse genetics system for production of infectious West Nile virus using homologous recombination in mammalian cells. Journal of Virological Methods 240, 14?20 (2017). doi:10.1016/j.jviromet.2016.11.006.
  5. Longo, P. a, Kavran, J. M., Kim, M. & Leahy, D. J. Transient Mammalian Cell Transfection wtih Polyethylenimine (PEI). Methods Enzymology 529, 227?240 (2013). doi:10.1016/B978-0-12-418687-3.00018-5.
  6. Mann JF, McKay PF, Arokiasamy S, Patel RK, Klein K, Shattock RJ. (2013). Pulmonary delivery of DNA vaccine constructs using deacylated PEI elicits immune responses and protects against viral challenge infection. J Control Release. 170(3):452-9.
  7. Thomas M, Lu JJ, Ge Q, Zhang C, Chen J, Klibanov AM. (2005). Full deacylation of polyethylenimine dramatically boosts its gene delivery efficiency and specificity to mouse lung. Proc Natl Acad Sci U S A. 102(16):5679-84.
Cat#24765-1 参考文献
  1. Siegman S, Truong NF, Segura T. (2015). Encapsulation of PEGylated low-molecular-weight PEI polyplexes in hyaluronic acid hydrogels reduces aggregation. Acta Biomater. in Press, doi:10.1016/j.actbio.2015.09.020.
  2. Baranyi, L. et al. Rapid Generation of Stable Cell Lines Expressing High Levels of Erythropoietin, Factor VIII, and an Antihuman CD20 Antibody Using Lentiviral Vectors. Human Gene Therapy Methods 24, 214?227 (2013). doi:10.1089/hgtb.2013.002
  3. Wulhfard, S., Baldi, L., Hacker, D. L. & Wurm, F. Valproic acid enhances recombinant mRNA and protein levels in transiently transfected Chinese hamster ovary cells. Journal of Biotechnology 148, 128?132 (2010). doi:10.1016/j.jbiotec.2010.05.003
  4. Thomas M, Lu JJ, Ge Q, Zhang C, Chen J, Klibanov AM. (2005). Full deacylation of polyethylenimine dramatically boosts its gene delivery efficiency and specificity to mouse lung. Proc Natl Acad Sci U S A. 102(16):5679-84.
  5. Durocher, Y., Perret, S. & Kamen, A. High-level and high-throughput recombinant protein production by transient transfection of suspension-growing human 293-EBNA1 cells. Nucleic acids research 30, E9 (2002). doi:10.1093/nar/30.2.e9.

Transporter 5™ Transfection Reagent

Transporter 5™ Transfection Reagent
製品コード
26008-5
容量
5mL
製品コード
26008-50
容量
50mL
製品外観 液体
保管温度 4℃凍結厳禁
未開封有効期限 製造から2年

‐お値段は、どこよりもお安く致します‐   お問合せはこちら

Transporter 5™は、ポリマー濃度が1 mg/mLに予め調整され、すぐ使用できる便利なトランスフェクション試薬で、哺乳類および昆虫細胞、特にHEK-293細胞、CHO細胞およびSf9細胞に対し効果的にトランスフェクトします。Transporter 5™は、最高品質の滅菌済みUSP/NF試薬と高品質Polyethylene imine MAXを用いて、使い捨て機器を使用して調整されます。更に、通常のろ過滅菌が0.2umのフィルターで行われるのに対し、本製品は更に目の細かい0.1umのフィルターでろ過され、これによりマイコプラズマによる汚染リスクを完全に無くしています。

大部分の商業的な性能アッセイは、SEAPおよびGFPのような定性アッセイに基づいています。 これらのアッセイは、殆どの科学者が必要とする高い力価を実現することはできません。 定量的に試験されるいくつかの試薬は、通常は結果を改善するために非公開のHDAC阻害剤を使用します。 Transporter 5™は、いかなる添加剤も必要とせずに高力価を達成できます。 更に、ポリサイエンス社では、製造時の品質管理の後も、各バッチが製造時と同等に良好であることを保証するためにパフォーマンスを継続的に監視しています。

論文
参考文献
  1. Rajendra, Y., Kiseljak, D., Baldi, L., Wurm, F. M. and Hacker, D. L. (2015), Transcriptional and post-transcriptional limitations of high-yielding, PEI-mediated transient transfection with CHO and HEK-293E cells. Biotechnol Progress, 31: 541?549. doi: 10.1002/btpr.2064
  2. Longo, P. A., Kavran, J. M., Kim, M. & Leahy, D. J. Transient Mammalian Cell Transfection wtih Polyethylenimine (PEI). Methods Enzymology 529, 227?240 (2013). doi:10.1016/B978-0-12-418687-3.00018-5.
  3. Wulhfard, S., Baldi, L., Hacker, D. L. & Wurm, F. Valproic acid enhances recombinant mRNA and protein levels in transiently transfected Chinese hamster ovary cells. Journal of Biotechnology 148, 128?132 (2010). doi:10.1016/j.jbiotec.2010.05.003
  4. Backliwal, G., Hildinger, M., Hasija, V. and Wurm, F. M. (2008), High-density transfection with HEK-293 cells allows doubling of transient titers and removes need for a priori DNA complex formation with PEI. Biotechnol. Bioeng., 99: 721?727. doi: 10.1002/bit.21596
  5. Backliwal, G. et al. Rational vector design and multi-pathway modulation of HEK 293E cells yield recombinant antibody titers exceeding 1 g/l by transient transfection under serum-free conditions. Nucleic Acids Research 36, e96?e96 (2008). doi:10.1093/nar/gkn423
  6. Tom, R., Bisson, L. & Durocher, Y. Transfection of HEK293-EBNA1 cells in suspension with linear PEI for production of recombinant proteins. Cold Spring Harbor Protocols 3, 1?5 (2008). doi:10.1101/pdb.prot4977
  7. Choosakoonkriang, S., Lobo, B. A., Koe, G. S., Koe, J. G. and Middaugh, C. R. (2003), Biophysical characterization of PEI/DNA complexes. J. Pharm. Sci., 92: 1710?1722. doi: 10.1002/jps.10437
  8. Expired Patent: US6013240; Nucleic Acid Containing Composition, Preparation, and Uses of the Same